創業明治37年 八重椿本舖の歩み

平成
平成元年
1989年
海外企業からの化粧品製造の技術協力に尽力し、人的交流が始まった。
平成4年
1992年
JR新幹線のトイレの無臭化に協力することになり、当時の循環式トイレの消臭に成功した。循環式トイレが新型になるまで、継続的に使用された。お召し列車には必ずこの消臭剤が使用された。

平成5年
1993年
大手メーカーの芳香剤、脱毛剤等のOEMを埼玉工場で開始する。
平成8年7月
1996年
厚木工場(厚木第1工場)を開設する。
(神奈川県厚木市上落合441-1)
平成8年11月
1996年
八重椿本舖三代目社長に花岡康之社長就任する。

三代目社長 花岡康之

平成9年2月
1997年
厚木工場(厚木第2工場)を開設する。
(神奈川県厚木市上落合450-1)
平成10年3月
1998年
厚木工場(厚木第3工場)を開設する。
(神奈川県厚木市上落合450-2)
平成11年3月
1999年
厚木研究開発センターを設立し、研究開発部門を移設する。
平成13年9月
2001年
クロイスターケミカルズ二代目社長に花岡秀典 社長就任する。
平成14年10月
2002年
船子工場を開設する。(神奈川県厚木市船子133-1)
平成16年7月
2004年
埼玉工場を閉鎖する。
平成16年12月
2004年
経理部門、企画営業部門を浅草橋から浜松町へ移設する。
平成17年5月
2005年
京橋に本社を移転する(京橋フォーチュンビル)。
平成17年7月
2005年
伊勢原工場新設と同時にクロイスターケミカルズの工場となる。厚木第1、第2、第3工場業務を伊勢原工場に移設吸収する。厚木第3工場を改装し、新厚木工場として設立する。

平成19年5月
2007年
浜松町に本社を移転する(浜松町スクエアスタジオ)。
平成19年8月
2007年
八重椿本舖四代目社長に花岡秀典 社長就任する。

社名変更 事業内容を化粧品に軸を置いた展開にシフトするため『クロイスターケミカルズ』の社名を『クロイスターズ』に変更する。

四代目社長 花岡秀典

平成20年3月
2008年
八重椿本舖平塚工場の耐震補強工事にともない、液物充填設備を伊勢原工場に移管、チューブ充填設備を厚木工場に集約し、生産組織も新体制とする。
平成21年1月
2009年
八重椿グループの製造部門を八重椿本舖に集約する。伊勢原工場はクロイスターズから八重椿本舖の工場となる。
平成25年12月
2013年
平塚に総合研究所を設立し、研究開発部門を厚木から移設する。
平成26年8月
2014年
八重椿本舖平塚第一工場耐震補強と改装を終える。
厚木工場生産品を平塚工場へ生産統合する。
厚木工場を廃止する。
平成28年12月
2016年
岡田工場の改装を行い、生産承認を得る。
伊勢原、平塚、船子と合わせて4工場体制とする。
平成29年10月
2017年
クロイスターズ・オンラインショップをオープンした。

緑の文字=クロイスターズについて